残留ティント 処理のHOW TO

img_5298

お久しぶりです。月に10000人の方がblogに来てくださっております。ありがとうございます✨

superLAB(4月25日にあるDaBセミナーです)も近いので、カラーのスキルを更に磨こうと必死にblog書いてます(>人<;)

では、ブリーチします!

img_5362

早速進みすぎました笑

根元のカラー始めてしまいましたが、ブリーチ後のベースは、

・毛先5センチに強いオレンジ味
・根元と毛先で2toneの明度差

後に関係性について話します。

img_5367

根元 6tone gray (少しだけブラックも混ぜています)

根元塗り終わったら、ホイルを使用します。

img_5368

中間

6tone purple 6tone blue 2:1 OX 2%

img_5369

毛先

6tone blue OX 6%

img_5370-1

after↓

img_5371

残留ティントは色んな場で見ます。

その日の仕上がりのイメージカラーが、どういうカラーかによって、

・塗るプロセス
・使うツール
・薬剤の選定

が変わります。

ホイルを使っての塗り分けはかなり有効な手段だと思います!

セミナー頑張ります✨✨

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中