2ブリーチ毛にカラーでつなぐHOWTO

 

今回はこんなマニアックな記事を☆

 

リタッチブリーチして毛先のトーンよりも根元が暗く(黄色に発色してしまう。)なってしまった時のカラーの考え方。

 

 

 

 

img_2803

 

【ブリーチ後の状態】

新生毛2.5センチで、1回のブリーチで抜いた状態。

根元の黄色味がとても気になります。

ただ、こいう髪の状態は、それぞれのサロンでよくみかけるのではないでしょうか?

ここから一回のカラーで薄めのパールアッシュに仕上げます✨

【次カラーのポイント】

1.毛先のアッシュ味を根元に比べて5倍薄くする。

2.パール味(ピンク×パープル)は毛先の方を2倍濃くする。

img_2805-2

【レシピ】

根元

(S6/11:S6/03:S6/68:8orchid):clear

(10:5:2:1):1

毛先

(S6/11:S6/68:8orchid):clear
(1:2:1):5

【レシピの詳細】

【根元】

アッシュ味の分量

根元のグラム数から全体の薬剤のアッシュの分量を出すと

10+5+2+1+18=36グラム

10

36

だいたい3.5分の1が1剤のアッシュ味の総数

パール味の分量

3

36

12分の1がパール味。

【毛先】

アッシュ味の分量

1+1+1+15=18

1

18

パール味の分量

3

18

6分の1はパール味の分量。

img_2839

仕上がりはキレイなグラデーションカラーです^_^

てことで、

前にも述べた通り、

【次カラーのポイント】

1.毛先のアッシュ味を根元に比べて5倍薄くする。

2.パール味(ピンク×パープル)は毛先の方を2倍濃くする。

ということです!

分かりにくい記事でした!笑

再生回数1番あった
YouTube

是非見て下さ〜い✨✨

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中