platinacolor

外人の子供風 platina beige

触りたくなるような柔らかい質感のカラーです。今回からカラーレシピも紹介します☆

AFTER

img_7013

Tonelevel 19

Length short

またまたかなりのハイトーンです。僕のお客様はブリーチカラーが本当に多いのです^^ 好きです。今回のポイントは、

カラー剤の選定方法と基準

 

カラープロセス

  1. リタッチブリーチ (ARIMINO 120 BLEACH:OX 6% 1:2)
  2. 毛先の残留を抜く(ARIMONO tintescape;OX 2.8% 1:2)
  3. カラーリング

 

3.カラーリングについて深く掘り下げます。そこから1.2の中身も見えていきます。

ショートスタイルでブリーチカラーをする場合、一番難しい事は、「仕上がりがムラに見えやすい」事です。短い襟足やサイドこめかみ近く、アッシュの色味が濃く入りすぎた事はありませんか? 僕はアシスタントの頃よくやってしまいました。あとは、根元が黄色く見えすぎてムラに見える等。ショートの場合、その内容があからさまに出るのです。

 

ブリーチ後の毛髪に合わせてカラー剤を選定する

 

ブリーチ後↓

根元と毛先の違いとして、

  1. ダメージ→色の入り方
  2. トーン→色の見え方
  3. →色の変化の仕方

画像を見てこの3つを読み切るのです。

  1. ダメージレベルは根元は4、5→毛先は5→アッシュ系の色は毛先がくすむ
  2. 根元リタッチブリーチで毛先と同じ19トーン→カラー後もトーンは変わらない
  3. 毛先3センチは赤の残留が残っている→毛先はブルー系アッシュの色が出にくい

1と3は逆の意味です。2はトーンが一緒だと薄めの薬剤であれば色味は根元と毛先で色が変わることはありません。

1+2+3=

beige系は、1つの薬剤で根元から毛先まで均等に染まる。

  今回使用した薬剤

hoyu PROMASTER EX Pigment

N-9p:clear:A-8p:VA-6(40:40:4:1)
()内はgとして見てください。

OX 2% 1:1

以上でございます!

質問等あればいつでもFacebookで受け付けます☆

Instagramも見てね。

platinacolor」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: higlight bob編 – DaBsaito

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中